ケースは少数

極端な例で言えば、この覆面を被った偽物が、議員を語って悪さをする可能性もゼロではないと思いますので。

どんな内閣も、成立最初は高い支持率を誇るものの、あっという間に低下してしまうのが通例です。 一方、直近で言えば鳩山内閣のように「明らかな失策」を繰り返して支持率を下げたようなケースは少数で、寧ろ「パーフェクトではない」「(過大に)期待したほどではない」というレベルの理由で徐々に支持率が下がるというケースが大半です。
その結果、頻繁に国のリーダーが入れ替ってしまっては、 不倫調査 仙台重要事項の決定すらままならず、国は沈没の一途を辿ってしまうことは、このところの「年替わり総理大臣」をみても明らかです。
従って、今、私たち国民がやらなければならないこと、それは、多少の不満はあっても、単なる足の引っ張り合いのレベルで国のリーダーをこき下ろすのではなく、基本的には長期安定に向けて「支える」ことであろうと思います。