最重要ポイント

かつては生活者の声を、と唱えていた筈の政党が、今ではもっとも国民を置き去りにしているというのも、
ある意味、政治というものの恐ろしを感じます。

これだけですと何が問題なのかちょっと判り難いのですが、
(1)中国では結婚に際して男性が住居を用意する慣習がある
(2)ところが中国では近年不動産価格が高騰
(3)若い男性の収入では到底自力では住居が用意出来ない
(4)親が息子が結婚出来るように住居を買ってあげる
ということが常態化しつつあり、 不倫調査 横浜これに対して
(5)中国では最近離婚率も急上昇
(6)従来の「婚姻法」解釈では、喩え上記(4)であっても相手の女性が不動産の半分の権利を有することになっていた(色々と細かい前提はあるものの)
(7)折角息子に買ってあげた筈の不動産が、離婚すると相手の女に半分取られてしまう という点について、息子を持つ親から懸念が出ていた為、今回の新たな司法解釈が出たものです。
一方で中国人女性にとっては相手の資力が結婚判断の最重要ポイントであることから、「離婚したら(結婚前に相手の両親が用意してくれた)不動産の半分が私のものにならないなんて酷い!」として、大反発が巻き起こっているのです。