聴力が低下

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特性があるため大気中のオゾン層を通る際にその一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を損壊させたりして、皮ふに悪影響をもたらすことが明らかになっています。
高齢化による難聴においてはゆっくりと聴力が低下していくものの、大半の人は60歳くらいまでは聴力の悪さをしっかりと自覚できないのです。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血液の通り道である血管の中が狭まってしまって、血流が途切れ、大事な酸素や栄養を心筋に送ることができず、筋細胞そのものが壊死する恐ろしい病気です。
クシャミ、鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の辛い症状は、アレルギー源である花粉の飛散している量に比例しているかのように悪化してしまうという特性があるようです。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科治療としては現在「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」とグラフトを用いる「大動脈冠動脈バイパス術」という2つの異なる手術の方法が高い頻度で扱われています。
スマートフォン使用時の小さなちらつきを和らげるレンズの付いた眼鏡がいま最も人気を集める訳は、疲れ目のケアにたくさんの人が挑んでいるからだと推測することができます。
肝臓を元気な状態に保持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する作用が衰退しないようにする、要するに肝臓を老けさせない対処法を実践することが効果的だと思われます。
内臓脂肪症候群とは言われていなくても、臓器の脂肪が多く蓄積してしまうような悪質な肥満になる事に縁り、色々な生活習慣病を起こす可能性が高まります。
汗疱状湿疹(汗疱)とは主に手のひらや足裏、または指の隙間などにプツプツとした細かな水疱がみられる症状で、おおむねあせもと言われており、足裏に出来ると水虫と勘違いされるケースもよくあります。
人間の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3つに区別されますが、中耳付近に様々な細菌やウィルスがうつることで炎症が誘発されたり、体液が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。
クモ膜下出血とはその8割以上が「脳動脈瘤」という脳の血管の瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまう事が理由となって起こってしまう命にかかわる病気として認識されています。
植物栄養素とも言われるフィトケミカルのひとつであるスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の物質について、肝臓から分泌される解毒酵素の効率的な創造を促しているかもしれないという新たな事実関係が判明してきました。
学校・幼稚園などの大規模な集団生活をしている中で、花粉症の為にクラスの皆と同じように外で思う存分行動できないのは、患者である子供にとっても辛いことです。
自動体外式除細動器(AED)は医療従事者ではない一般人でも使う事のできる医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスの手順に沿ってケアすることで、心室細動に対する処置の効果をみせます。
めまいは出ないのに、苦痛を伴う耳鳴りと低音域の難聴の症状だけを数回発症する症例の事を区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メヌエル病」という名前で診断する事例があるのです。