男性ホルモン

男性だけにある前立腺という生殖器は働きや成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)が非常に大きく関連しており、前立腺に発生してしまったガンも同様、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの作用を受けて肥大化してしまうのです。
環状紅斑というものは輪状、要するに円い形をした赤色の湿疹など皮ふの病気の総合的な病名であり、その理由は誠に多種多様だといえます。
肥満の状態は言うまでもなく摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が主因ですが、内容量の変わらない食事だったとしても、慌てて食べ終わる早食いを日常化することにより肥満(obesity)を招く可能性が高まります。
軽い捻挫と決め込んで、冷湿布を貼って包帯やテーピングテープで患部を適当に固定し、様子を窺うよりも、応急処置してから急いで整形外科の医師に診てもらうことが、根治への近道だといえるのです。
現在、若年層で感染症である結核の免疫力(抵抗力)の無い人々の割合が高くなっていることや、早合点のために診断が遅れることが原因の集団・院内感染の発生頻度が高くなっているようです。
めまいが起こらず、苦痛を伴う耳鳴りと難聴の症状のみを何回も繰り返す症例の事を「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病(Cochlear Meniere’s Disease)」というようなケースがあるのです。
スギの木の花粉が飛ぶ頃に、乳幼児が体温は平常なのにしょっちゅうくしゃみをしたり水っ洟が出続けている症状なら、その子は杉花粉症の可能性が高いといえます。
グラスファイバーで作製されるギプスは、非常に強靭で軽量で着け心地が良い上に持ちが良く、水に濡れても大丈夫というメリットがあるため、いまの日本のギプスの王道だと言えるでしょう。
ダイエットしたいがために摂取カロリーの総量を控える、ほとんど食べない、そのようなライフスタイルを続けると結果的に栄養をも不足させ、四肢の冷えを齎すことは、多くの医療関係者が問題視されていることなのです。
触れあいなどで、人間が動物をすごく愛おしいと感じることでオキトキシンが多く分泌され、ストレスを緩和したり心のヒーリングなどに結びつきます。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常が原因でもたらされる発疹で、分泌の異常の因子としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの均衡の崩れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが大きいと考えられているのです。
学校等の大規模な集団生活をする中で、花粉症が原因で他の皆と同時に外で思いきり運動ができないのは、子どもにとっても悔しいことです。
ロックのライブの場内やダンス広場などに据えられている巨大なスピーカーのすぐ近くで大きな音を聞いて耳が聞こえづらくなることを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言うことをご存知でしょうか?
トコトリエノールの効果の中では酸化を防ぐ機能が格段に有名だと思いますが、この他に肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生産を抑えるということが言われています。
鍼灸用のハリを皮膚に刺してもらう、という物体的な程よい何か所もの刺激は、神経細胞を興奮させて、神経インパルスと言われる要するに電気信号伝達を引き起こすのではないかという見解が広まっています。