専門性が溢れてて

進学よりも就職が推奨されていたような時代もありますから。
集団的自衛権についても同じで、もう名前の 漢字からして専門性が溢れてて中身は難しいからどうでもいいとか、

他が反対しているからダメなものなんだろうなぐらいの知識でしょう。  
私はそこを何とか出来ないものなのかなと思います。憲法改正と言っても圧倒的多数がそれなりに理解している訳でもなく、集団的自衛権に至ってはなにも知らないでしょう。そんな状態で憲法改正を進めようとしているのは間違っていると私は思います。  
机上の空論ですが、本当に憲法改正を考えるならば何を改正したいのか、どう改正したいのかの周知徹底をするべきではないだろうか。費用が馬鹿に ならないが、 浮気 電話相談日本国憲法の説明と今どこをどのように改正したいのかの説明をしている冊子でも全ての世帯に配布してもらうぐらいでないとそれは不可能ではな いかとは思いますが、それぐらいしてくれなければ憲法改正なんてするべきではないと私は思います。