政治系の日記

好きな曲ですが。

嵐の今年1発目が未来に何かを繋ぐ為の戦いを描いた2曲目だった事を考えると、今年はそういう曲が流行ると思いますし、他のアーティスト達にも少なからずそういう動きが見えています。

嵐がこれらの曲や詞書いたりはしてませんが、よくぞこういう曲をリリースしてくれたと思います。日本テレビが60年前に考案した広告制度が出来てから、芸能人に広告塔という役割が出来ました。

広告費は鉄人28号のリモコンのような物で、こないだのペニオク詐欺やマルチの広告塔みたいな事も出来るし、こうやって誰かを助ける事も出来ます。

SMAPは震災を風化させないという広告塔にプロとしてなっているわけだし、同時にプロの芸能人として現地の人と触れ合う事で勇気づけています。

その事に対して批判的な人やファンの日記に噛み付いた人々を見ると反日系の日記でお馴染みの人でした。

政治系の日記ではお馴染みなんですが、SMAPのファンの皆さんはよく知らずに面食らったと思いますがそういう連中です。

被災者でもないのにしゃしゃり出て儲けやがってみたいな話する人がいました。

SMAPはプロとして働いてギャラを貰っただけです。